戦う!書店ガール 原作のあらすじ・結末は?【ネタバレ】

戦う!書店ガールの原作のあらすじは?
衝撃の結末とは?【ネタバレ】

0f5a1_1188_17d92e9f_70508a54

http://news.livedoor.com/より引用

では、新ドラマ「戦う!書店ガール」の原作小説
「書店ガール」のあらすじ・結末のネタバレ(後半)
を書いていきますね。

まだ、前半を読んでいない人は、
こちらをクリック!!
(前半)戦う!書店ガール あらすじ・結末は?【ネタバレ】

「戦う!書店ガール」のあらすじ(後半)

そんなこんなで、「ペガサス書店」を守るために
奮闘していた理子と亜紀の間には、いつしか
友情が芽生え始める。

敵同士だった2人が「ペガサス書店」の為に
奮闘する戦友同士に変わっていたのだ。

 

そして、売り上げの為に奮闘していた
ある日、2人の頑張りが評価されて
理子が店長に出世する。

このことに対して
周囲の男性陣は快く思っておらず、
理子に対する“いじめ”が続いていた。

 

しかし、この“いじめ”に関して
異を唱える人物がいた。

それは、今まで犬猿の仲で自分の
敵だと思っていた亜紀だった。

どうやら、理子と亜紀は
一つの目標の為に協力しているうちに
本当の親友同士になっていたみたいですねヘ(゚∀゚*)ノ

 

いじめ問題も解決し、
「さぁ、これから!」という所で
社長の決定により「ペガサス書店」の
閉店が決定してしまうのだった・・・

「戦う!書店ガール」の結末!

理子と亜紀の奮闘も虚しく、
社長は、あっさりと「ペガサス書店」の
閉店を決定してしまう。

というのも、ペガサス書店の閉店理由は
社長の自分勝手な汚い理由だったからだ。

 

結果として「ペガサス書店」は
閉店してしまい、結婚している亜紀はともかく
理子は生きがいを失ってしまう。

 

しかし、周囲の人間は
理子たちの血のにじむような努力を
ちゃんと見ていたようで、理子は優秀な
人材として別の書店に「働かないか?」と
誘われるのだった。

めでたし、めでたし!ヘ(゚∀゚*)ノ

 

これが新ドラマ「戦う!書店ガール」の
原作小説「書店ガール」第1巻のあらすじ【ネタバレ】です。

ネタバレしてしまった後でも、
ドラマが気になってしまいますねヘ(゚∀゚*)ノ

 

自分勝手な“まゆゆ”と生真面目な“稲森さん”の
掛け合いに注目ですね!!

 

そんな新ドラマ「戦う!書店ガール」は
フジテレビ系列で4月より放送がスタートします。

毎週火曜日の午後10時から!
絶対に見逃せませんね~!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ