戦う!書店ガール あらすじ・内容は?ドラマの原作とは?

戦う!書店ガールのあらすじを解説!
ドラマ・戦う!書店ガールの原作とは?

inoo6

http://pickup-news.com/2928.htmlより引用

4月か放送がスタートする新ドラマ
「戦う!書店ガール」が話題になっている
みたいですね。

というのも、主演がAKB48の渡辺麻友さんと
稲森いずみさんのダブル主演という事で
嫌でも注目しちゃいますよねヘ(゚∀゚*)ノ

 

そんな新ドラマ「戦う!書店ガール」、
どんなドラマに仕上がるのか気になりますよね。

今回は「戦う!書店ガール」のあらすじを
いち早くチェックしちゃいましょう!!

「戦う!書店ガール」 あらすじは?

※今回はネタバレを含まないように
あらすじを書きました。

あらすじ【ネタバレ】を希望の人は
こちらをクリック!!
(前半)戦う!書店ガール あらすじ・結末は?【ネタバレ】
吉祥寺にある大手書店「ペガサス書店」には、
性格が真逆な2人の従業員が働いていた。

一人は西岡理子(稲森いずみ)
彼女は「ペガサス書店」の副店長で
バリバリの仕事人間。

もう一人は北村亜紀(渡辺麻友)
彼女は仕事が出来ないダメ人間だが、
持ち前のルックスによりコネで入社したような人間。

 

そんな亜紀は、普段から副店長・亜紀の
言うことを聞かず、自分勝手な行動ばかり取って
理子に起こられる毎日。

いつしか2人は、犬猿の中になっていた。

 

そんなある日、2人を衝撃の事実が襲う。

社長の決断で「ペガサス書店」が閉店する
というのだ。

 

どうにかして閉店だけは避けたい理子と亜紀だが、
そのためには協力が不可欠。

果たして、理子と亜紀は協力して
「ペガサス書店」の閉店を避けることが
出来るのだろうか・・・

 

といった感じのあらすじです。
ネタバレを避ける為、大雑把なあらすじに
なってしまいましたね。

「戦う!書店ガール」の原作は?

新ドラマ「戦う!書店ガール」の原作は
碧野圭さんの小説「書店ガール」シリーズだそうです。

小説「書店ガール」シリーズは、全3巻で
「書店ガール」(2012)
「書店ガール~最強のふたり~」(2013)
「書店ガール~託された一冊~」(2014)
のラインナップになっています。

 

結構、最近の小説なんですね。

こんなに早くドラマ化が決定するなんて
かなり素晴らしい内容であることが
分かりますね。

 

今からドラマの放送が楽しみですヘ(゚∀゚*)ノ

そんな新ドラマ「戦う!書店ガール」は、
フジテレビ系列で毎週火曜日の午後10時から
放送予定です。

お見逃しなく!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ