群馬大学病院 須納瀬豊の経歴にびっくり!?


群馬大学病院での医療ミス事件!
執刀医・須納瀬豊の経歴にびっくり!?

13cbc208

http://matome.naver.jp/より引用

群馬大学病院で起こった医療ミス事件で
その時の執刀医の名前が明らかになった
という事で注目を集めているようですね。

執刀医の名前は経歴は?

執刀医の名前は第二外科医の須納瀬豊さん
という人らしいです。

1993年に群馬大学の医学部を卒業しており、
その後40年も医者として働いているそうです。

しかも、アメリカ移植学会若手研究者賞や
北関東医学会奨励賞という賞を受賞したこともある
優秀な医者だったそうです。

スポンサーリンク


須納瀬豊さんの経歴に驚きですね。

こんなに優秀な医者が医療ミスを
起こすなんて信じられませんが、
実際の所は、どうなのでしょうか?

腹腔鏡手術は須納瀬豊の専門ではなかった?

どうやら、医療ミスが起こったのは
腹腔鏡手術と呼ばれる手術らしいのですが、
須納瀬豊さんの専門とは全く関係のない
分野の手術だったそうです。

これが原因で、須納瀬豊さんの手術を
受けた人が8人も死亡してしまうという
悲惨な医療ミスが起こってしまったわけですね。

 

pic_g246.jpg 1425254400040

http://www.d4.dion.ne.jp/~iwa-med/より引用


被害者遺族の弁護団が言うには、
最悪の手術だったそうですね。

腹腔鏡手術の技量も最悪だし、止血の仕方さえも
最悪だったそうですよ。


最近では、医者不足がメディアに取り上げられて
いますが、医者が専門外の手術までしなくては
ならない状況にまでなっているという事ですね。

ずさんな手術をした須納瀬豊さんを責めるべきか
医者不足を嘆くべきか、難しい問題ですね。


今回の医療ミス事件を機に見直されて欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ