ラブキ(愛貴)やカイザー(皇帝)?最近のキラキラネーム事情


ラブキ(愛貴)やカイザー(皇帝)!?
キラキラネームが読めない!!

01e18d2c3bbe5e8452774ea894c94a57_20722

http://girlschannel.net/topics/33186/より引用

 

最近、自分の子供に難しい漢字や
当て字の名前を付ける親が急増して
ちょっとした問題になっていますよね。

中には、“皇帝”と書いて“カイザー”と読む
名前や“愛貴(ラブキ)”“七音(どれみ)”など
不思議な当て字の名前を付ける親もいるそうです。


これらの名前をキラキラネームと呼ぶそうで
学校の先生なども「生徒の名前が読めない」
困っているそうです。

キラキラネームの意味が分からない

恐らく、初めてキラキラネームを目にした人は
なぜ、その読み方になるか分からないという
人もいると思います。

例えば、“皇帝(カイザー)”の場合は
ドイツの皇帝ウィルヘルム2世が“カイザー”と
呼ばれていたことから、「皇帝=カイザー」という事で
その名前が付けられました。

また、“愛貴(ラブキ)”に関しても、
“愛”は英語で“ラブ”と読むので
“愛貴(ラブキ)”という名前なんですね。

スポンサーリンク

やはり、親としては自分の子供に
他の事は違う特別な名前を付けたいと
思うものですが、どうやら
これが裏目に出てしまう事になりそうです。

企業の意見では「キラキラネームは要注意」?

どうやら、就職時に企業側の採用者は
無意識に“キラキラネーム”に対して
良くない印象を抱くこともあるそうです。

a8760238-s

http://matome.naver.jp/odai/2131975843759446001より引用

統計によると比較的、高学歴と呼ばれる人材には
キラキラネームが少なく、高卒採用枠の人材に
キラキラネームが多いという結果が出ているそうで、
今後、キラキラネームというだけで、
就職活動が不利になる可能性もあるそうです。

親としては、「自分の子供だけは
特別な名前を!」と思って付けた名前なのでしょうが、
それが裏目に出てしまうというのは、悲しいですね。


子供の名前には、注意が必要ですね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ