機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅡのあらすじ。新型MSダサい


機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅡのあらすじ。新型MSダサいwww
「機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅡ」のあらすじネタバレ。

 

244401649-1426280069_l

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

こんにちは、ガンダム大好き
ヅラヅラ店長です。

 

 

今回も「機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅡ」
哀しみのアルテイシアのあらすじと
ネタバレを書いていこうと思うのですが、
このページは②ページ目です。

なので、まだ①を読んでいない人は先に
そちらを読んでください。

⇒機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅡのあらすじ①

 

「機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅡ」のあらすじ

1ebe481f

 

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

しかしこの時、サイド3では自分の
父親でラル家の当主であるジンバ・ラルを
ザビ家によって殺害されたランバ・ラルが
地球連邦軍相手に喧嘩をしていた。

 

 

連邦軍人「こんな田舎者に負けるな!」

 

ラル「少し・・・暴れるか。」

連邦軍人「ボコボコにしてやる!?」

 

 

しかし、6人ぐらいいた連邦の軍人相手に
ランバ・ラルは圧倒的強さを見せていた。

 

150812-01-06

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

するとそこへ、怒号が響く。

 

ドズル「ラル大尉!!
連邦の雑魚相手に白兵戦とは荒れてますな!!」

 

ラル「あんたらに当主を殺されて
ラル家はおしまいだ!」

ドズル「それは・・・ツライ目にあわせて
しまったようだな」

 

ラル「なんだと!?」

 

ドズル「今日は貴殿に頼みがあって来たのだ」

 

58e86464

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

そうして、ランバ・ラルはドズルに
連れられてサイド3の近くにある
ダークコロニーへ連れて行かれた。

 

そこでは、ジオンの新型MS・モビルワーカー
の戦闘実験が行われていた。

 

ドズル「ラル大尉、君にモビルワーカーの
戦闘実験に参加してもらいたいのだ」

 

20150314172337d2c

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

こうして、ランバ・ラルは新型MS
モビルワーカーの実験に参加することになり
人類史上初の人型モビルスーツの開発が
着工されたのであった。

 

20150718172405383

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

その頃、エドアウとセイラはルウムの
テキサスコロニーへの引っ越しの
途中であった。

 

セイラ「ここが新しい家?素敵!!」

テアボロ「気に入ってくれて嬉しいよ」

すると、町を管理しているという
アズナブル夫妻が挨拶にやってきた。

 

どうやら、この2人は市長みたいな
人たちで普段は町でレストランを
経営しているのだという。

 

 

スポンサーリンク

 

その後、エドアウとセイラは
広大なテキサスコロニーで乗馬を
楽しんでいた。

 

セイラ「兄さん!置いてかないでよ~」

「私は兄さんみたいに、すぐに上手に
乗りこなせないのよ!」

 

そして、エドアウは上手く馬に乗れない
セイラを置いて遠くへ行ってしまう。

 

gundam-the-origin2-10

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

だが、すぐにセイラの元へ
エドアウにそっくりな青年が馬に乗って
近づいてきた。

 

 

セイラ「兄さん!・・・いいえ、
兄さん似ているけど違う人だわ!?」

 

シャア「初めまして、僕はシャア・アズナブル。
僕の両親から、君のお兄さんと同い年の
息子がいるって聞いていなかったかい?」

セイラ「(瞳の色以外は兄さんと同じ顔・・・)」

 

hqdefault

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

その後、セイラはシャアに乗馬を
教えてもらっていると、2人の前に
険悪な顔をしたエドアウが近づいてきた。

 

シャア「・・・」

 

エドアウ「・・・。僕はエドアウ・マス。」

シャア「僕はシャア・アズナブル!!」

 

こうして、2人はすぐに仲良くなるのだった。

 

T0020279_movieimg_l

http://new-trendnews1cafe.jp/より引用

 

 

ちょっと長くなったので次に分けますね。
⇒続きを読む【③へ】

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ